連休中ですが、いかがお過ごしですか?

我が家は特にお出かけはしていませんが

明日は家族で主人の実家に行ってきます。


さて、昨日訪れた本屋さんでおもしろそうな本を見つけました。


72歳はとバス名物ガイドが教える 使える!通じる! おやじギャグ英語術72歳はとバス名物ガイドが教える 使える!通じる! おやじギャグ英語術
(2012/02/25)
佐藤卯一

商品詳細を見る



実は私、秘かにはとバスの「英語バスツアー」に興味を持っています。

自分が参加することももちろんなのですが

実は、この英語ガイドなるものにすごーく興味があります。

前にもブログに書きましたが

あまり、おしゃべりではない私。(と言っても、無口でもない。)

でも、マイクを持って人前で話すっていうのは意外と好きで 

学校の役員をしていた時、司会をすることが時々あったのですが

「以前にこういうお仕事をされてたんですか?」と先生がたにお褒めの言葉も頂いたりして

原稿さえあれば、結構得意。(^O^)

この、マイク+大好きな英語というのがすごく魅力的です。

東京に住んでいたらチャレンジしたいくらい。(^O^)



すごく、買いたくなったのですが

最近は欲しいと思ってもまず、一回は我慢して帰るようにしてるので

昨日は買わずに帰って来ました。(でないと、どんどん本が増えてしまいます。)

チラッと見ただけですが

本には必ず受ける英語のオヤジギャグなどが書かれており

楽しみながら読めそうです。

昨日は買わなかったけど、きっといつか買うと思います。



スポンサーサイト

抱きたいカンケイ

TOEIC申し込みました

comment iconコメント ( 6 )

No title

kitakuriさんのガイド、受けてみたい!
お人柄があったかくていらっしゃるから、ゼッタイに楽しいツアーになると思います。福岡や熊本にもあっていいですよね、こういう英語ガイドって。...作っちゃおうかしら。

名前: Emi [Edit] 2012-05-04 10:51

No title

このおじさん、最近新聞で見ました!!
「最初にギャグでハートをグッとつかむ!」
「絶対笑わせるジョークはこれ!」・・などなど面白そうだなあと思って読みました。
英検1級の第一回合格者だったっけ?

kitakuriさん、声が綺麗だからマイク持って司会とかピッタリですよね。
「英会話カフェ 熊本ツアー」・・・ガイドは決定ですねe-440

名前: ピッピ [Edit] 2012-05-04 15:18

No title

通訳ガイドでしょうね~
俺はちょっと無理かな(汗)
人前で話すのに抵抗は無いんですが、気配りが無い(笑)
そういった意味では通訳ガイドは高値の花というよりは小門違いな感じがしてしょうがないですね(汗)
kitakuriさんはガイド向いてるでしょうから、本気で目指されてみてはいかがでしょうか^^


名前: Kaz [Edit] 2012-05-05 11:05

Re: Emiさん

Emiさん、ありがとうございます!

ぜひ、ぜひ英語ガイドの会社をたちあげてください!
そして、私を雇って~。
その時までしっかり勉強しときますから。 (^^)v

名前: kitakuri [Edit] 2012-05-11 23:59

Re: ピッピさん

ピッピさん、この方のことご存知だったんですね!
ちらっと読んだギャグも私の好きなおやじギャグ・・・(^^)
英検1級の第一回合格者とは知りませんでした。


> kitakuriさん、声が綺麗だからマイク持って司会とかピッタリですよね。

ありがとうございます^^;
実は、声に関してのちょっとした笑い話があって
独身時代にお仕事をしていた時、お会いしたことはないけど
毎週決まってお電話する取引先の男性がいたのですが
あるとき何とその人が中学の時の同じクラスだっただ男の子とわかってびっくり!
そしたらその彼曰く「いっつも電話の声を聞いて、すげー美人じゃないかと思ってた・・・。」
そのあとは無言。。。。
どういう意味かはご想像にお任せします。(^O^)

名前: kitakuri [Edit] 2012-05-12 00:13

Re: Kazさん

Kazさんコメントありがとうございます。
実は通訳ガイドには高校時代、あこがれていたんです。
今英語を勉強してるのも
数年後、ボランティアでもいいので
そういうことが出来たらいいなあ~という思いからです。
あ、でも私、気配りはないですね。。。^^;
単なる夢で終わらないようにがんばります!


名前: kitakuri [Edit] 2012-05-12 00:19

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)