大学生じゃないけど読みました。
いかに洋書を読むことが大事か書かれていて説得力があります。
単純な私は「うん、やっぱりそうだ!!」と再確認しました。
(図書館で借りました)



これ、大学の図書館で借りてきて読みました。
アルクから出てるんですが
著者の方が現在、福岡の大学の先生をなさっているようで
体験談として載せてある学生が皆九州の大学生、というのが
なんだか、親しみが持てました。(^^)
この本自体は2010年、初版発行なのですが
大学の蔵書になったのは今年の1月で
「もしかして、私が一番初めに借りたのでは・・・?」と思うくらいまだ綺麗にしています。


「少なくとも理科系の学生は”仕事”のために英語がいる」
「理系の英語と、文系の英語は違う」と書かれており、興味深かったです。
読んでみたいと思う洋書が沢山、紹介してありました。
ここ1週間ほど、英語の本を読んでいませんがまた再開したいと思います。

スポンサーサイト

Afternoon on the Amazon  マジック・ツリーハウスシリーズ

実ビジ勉強会

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)