前回 resume の事を書きましたが
履歴書の意味のrésuméにアクセント記号みたいなのをつけれませんでした。
(コピペすれば良かったんだけど、それに気付かなかった)
アルクで調べたら

resume

名詞
(フランス語)履歴[経歴]書◆両方のe(または最後のeだけ)にアクサンテギュが付けられる場合がある。


とありました。
アクサンテギュというのか。。。
それにアクサンテギュがなくてもいいのね。

アクサンテギュをwikiで調べたらacute accent とあった。
やっぱり、要はアクセントでフランス語由来だからアクサンテギュというのかな。
う~ん、単語一つとっても奥が深い。

スポンサーサイト

馬上槍試合

こんがらがる単語

comment iconコメント ( 6 )

そうそう、確かに履歴書のresumeにはアクセントみたいなのが打ってありますよね。このブログ読むまで考えなかったけど、これってフランス語だから英語の読みじゃないんですね(^^)

名前: Ryoko [Edit] 2014-02-08 23:51

Re:Ryokoさん

Ryokoさん
フランス語由来で思い出したのが
cliché これもアクサンテギュがついてますね。(^^)
発音もやっぱり、それっぽい。
意味は「決まり文句、陳腐な表現」忘れないようにしなきゃ!

名前: kitakuri [Edit] 2014-02-09 14:43

Hors d'oeuvre(オードブル)やBuffet(ビュッフェ)などもFrench originで英語の中でも使われる例ですよね。

他にGelato(ジェラート)はイタリア語源だし、日本語だと「枝豆」も"edamame"として表示されてるんですよ(^^)。最近マーケットではカボチャも"Kabocha"って表示されてます。こうして見ると英語も外来語を多く使いますよね。(^^)

今夫とFrench originの言葉の話をしたんですが、彼が「”double entendre”ってのもあるよ」と言ってました。私も初めて聞いた言葉だったんですが、Wikipediaによると"A double entendre is a figure of speech in which a spoken phrase is devised to be understood in either of two ways. "という事らしいです。

Kitakuriさんのブログを通していろいろと勉強になります(^^)

名前: Ryoko [Edit] 2014-02-18 04:13

Re:Ryokoさん

Ryokoさんのコメントを読んで思い出したんですが、たしかカリフォルニアでoysterのことをkumamotoって言うっていうのをずーっと前、新聞で読んだことがあります。今ネットで見たら、終戦後、熊本から輸出されていたoysterの品種のことらしいです。面白いですね。

名前: kitakuri [Edit] 2014-03-25 21:04

それは知りませんでした。oysterは自分が食べないので買わないからかもですけど、全然"Kumamoto"という表示が出てるのは気付きませんでした。ミカンを"Satsuma"と表示されてるのは見かけますが(^^;)

名前: Ryoko [Edit] 2014-03-26 06:25

Re:Ryokoさん

みかんがsatsumaだなんて。メモメモ。(^^)

名前: kitakuri [Edit] 2014-03-27 09:45

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)