こんばんは。
話せば長くなるのでかなり端折りますが、今日は主人の母の所に来ています。
インフルエンザにかかってしまったらしいです。すごく流行っているようなので皆さんもお気をつけ下さい。
急遽お泊まりすることになりましたが、TOEIC関連の勉強本とウォークマンは持って来てたので良かった〜。(何に安心してんだか。。。)でも、iPodのイヤホンとタブレットを持ってこなかったのは失敗(≧∇≦)
TOEICerたる者、いつ何があっても勉強出来るように用意しておかないといけないですねp(^_^)q

文法特急は何度か繰り返しているのですが 今日やってみて、reprimandの意味が分かりませんでした。
意味は (人を)叱りつける、叱責する です。あんまりreprimandされたくないなあ(*^^*)
今日はこれをしっかり覚えて寝ます。

うれしいコメントを頂いてありがとうございます。
自宅に帰ってからお返事しますね。おやすみなさい。
スポンサーサイト

総選挙

TOEICの単語

comment iconコメント ( 4 )

ご主人のご実家でも勉強!w(@。@;)w kitakuriさん凄い努力!
TOEICerという言葉もあるんですね。もうマツコならぬRの知らない世界でございます(^_^;)

reprimandは試験には出るけど、私の場合は自分が叱責する・されることも主婦という狭い世界ではないので(家族間のことで使うような気楽な単語でもないですよね)まあ新聞記事や本で出会った時に分かればいいかなと思っていますが、kitakuriさんはTOEICで再会できると嬉しいですね♪

ご主人のお母様お辛いでしょうね。ひどくないといいのですが。私は今のところ元気なのですが、人ごみでは効果のほどは別として怖くてマスクしてます。
ところがただの風邪なんでしょうが、ゲホゲホせき込む人が電車や店の中で口もふさがずマスクもしていないのを見ると、もう少し考えて欲しいなあと思ったりします。お母様が早くよくなられますように。kitakuriさんも気を付けてくださいね。

名前: R [Edit] 2015-01-22 00:51

Re:Rさん

TOEICerなんて言ってしまいましたが、調子に乗りすぎました。
まだまだTOEICer見習いくらいです。(^^) 

最近は車でなく電車で母のところに行くことが多いのでその行き帰りに本を読んだりができるようになりました。
私も狭い世界に住んでいるので、本当にreprimandされるということはないですが、一か所パート先でちょっと厳しいところがあって毎回緊張ものです。
あさって、実は父の三回忌の法事なのですが、母は具合が悪くても根性で押し通す人なので無理しないように見張っとかないといけないです^^; インフルエンザですからね。気にかけて頂いてありがとうございます。
Rさんも、気を付けてお過ごし下さいね。

名前: kitakuri [Edit] 2015-01-23 00:01

いやいや、ハイスコアを目指して日々努力を重ね毎回のように受けておられるんですもの、立派なTOEICerだと思いますよ(^^)/私もこれって言えるものがあるといいのですが、そうですねえ~同じerが付くにしてもラクな方へ行きがちで、TOEICは受けてないのでTOEICerにはなれませんならslackerかな(^_^;)パート先では英語も関係あるんでしたっけ?それならなおさらTOEICにも力が入ることでしょう。次回も頑張ってくださいね。

三回忌ですか。親戚も集まるでしょうから色々気も遣われることでしょう。
そちらに住んだことはないですが、やはり福岡でも1月ですからそれなりに寒いでしょう。お母様が無理をされないといいですね。でもいいお嫁さんがそうやって通ってくれるから心強いと思います。電車内での時間は貴重ですよね(^O^)英語の本を読んでいると「このおばちゃんは何をやってるんだ」みたいな視線も感じますが(^_^;)

名前: R [Edit] 2015-01-23 08:06

Re:Rさん

こんにちは!御存知の通り、インフルエンザにかかりましたが、おかげさまで回復しました。法事の最中は気が張っていたのですが、終わった途端ぐったりでした。^^;でも、法事自体は無事終わったのでホッとしています。
そういえば、先日私くらいの年齢の女性が電車(JRローカル線)で英字新聞を読んでいるのを見て「お、すごい」と思い、英語は趣味なのかな、それとも仕事なのか、と色々妄想していました(^_^;) マックとかでカフェ勉してる時、英語勉強してるの?あなた何者?的視線は感じることありますが、Going my way.です。

名前: kitakuri [Edit] 2015-02-01 15:33

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)