私の父は現在77歳。
70歳の母と14歳のワンちゃんと仲良く暮らしています。
父は中学の英語教師でした。
でも、父の方から私に英語を教えたという記憶はなく
私も父に一度だけした質問があってそれは
「theってなあに?」というものでした。
確か中一のときでしたが、いまだに冠詞が苦手な私です。

そんな父が唯一私に買ってくれた子供用の英語の教材があります。
それはTBSブリタニカから出ていた
「モクモク村のけんちゃん」です。

mokumoku.jpg


d0051304_1626999.jpg



7db66b89f574aa0c0c2d-L.jpg





ネットで検索してみると
結構懐かしく思っている人がいるみたいです。
私が小学校3年生くらいだったと思うのですが
当時は紙芝居とカセットテープがセットになったもので
ストーリーは
モクモク村に住むけんちゃんが
九官鳥のキュウちゃんと一緒に
魔法の国へ行きます。
その魔法の国の言葉(英語)を学びながら冒険していくというもので
簡単な英語の会話などを学ぶことができて
とても楽しかったです。
今はCD-ROMとなって販売されているようです。

中学入学まで
英語に触れたと言えばこれくらいで
中学生になって初めての英語の授業
忘れもしない教科書1ページ目

This is Japan.
Thie is Mike.

だっと思います。
私はThis is Mike.を
ディス イズ ミケ だと思っていたら
みんな、すらすらと読んでいて
「お?、マイクと読むんだ。」と
感嘆した記憶があります。
これ、本当の話です。
スポンサーサイト

父のこと

英語を勉強する場所

comment iconコメント ( 4 )

No title

おお~~!この教材、ご存知なんですね!!
私は見た事ないのですが、ネットでこの教材の存在を知って、どんなんだろう?と思っていました。

もうずいぶん前、英会話スクールの親子コースの無料体験に行ったとき、若くてステキな日本人の先生が、「私の英語との出会いは、家にあった家出のドリッピーです。まだよくわからなかったけれど、父がこれを聞きなさいと言うので、時々本をめくりながら、見ていました。」と言っていました。子どもの頃に、ストーリーのある英語に触れておくと、きっと良いのでしょうね~!

それからブリタニカの大人向けの教材を持っているんですよ。たしかローンを組んで買ったと思います。
やっていない分がたくさんあるので、来年1年間かけて、ラジオ講座のようにやってみようかなと思っています。

名前: maci [Edit] 2010-12-01 08:10

Re: maciさん

モクモク村のけんちゃんは
子供がはじめて出会う英語の教材としては
とてもいいと思います。
(その方面に詳しくはありませんが。)

覚えてるフレーズは

What's your name?
How are you?
I'm fine.
I'm sick.
I feel stomachache.
Why did you come here?
Congratulations.
などなど。

動画ではなく紙芝居だったのでイメージもふくらみました。
私の英語好きは
少なからずこのモクモク村のけんちゃんの影響があるのかも。
と、なると最初にどのような形で英語に出会うかということは
大切なのかもしれませんね。

ブリタニカの教材はやりがいがありそうですね。
私は英語関係の本を買って活用してないのが沢山あるので
ちょっと読みかえしてみよう。

名前: kitakuri [Edit] 2010-12-03 12:45

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2010-12-03 22:45

Re: ははさん

ははさん、コメントありがとうございます!
どうぞどうぞ。
遊びに来てくださると私もうれしいです。


英検ですが
たまに話すと
ニコニコして聞いてくれる
優しい父です。

あ、今ちょっとブログネタを思いついたので
今日中に記事にしますね。
たいした内容ではありませんが・・・。
また、ぜひ遊びにきてくださ~い。(^_^)v


名前: kitakuri [Edit] 2010-12-05 06:55

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)