お気に入りドラマの紹介です。
huluで見ています。

シックス・フィート・アンダー




Wikipediaより
タイトルの“シックス・フィート・アンダー”は、北米で土葬を行う際に棺桶を地上から6フィート(182cm)の深さに埋める、という慣例に基づいている。

↑こういう知識が得られるのもドラマや映画を見る楽しみですね。

葬儀屋さんを営む家族を描いたもので、ドラマの冒頭で誰かが亡くなることから始まります。
亡くなって改めて家族の絆を感じたり、初めて知る家族の一面があったり。
ブラックなユーモアがあったり、クスッとする場面もありますが
色々考えさせられて派手な展開はないですが、ついつい見入ってしまいます。
スポンサーサイト

ドラマとTOEICの単語

最後の英語部勉強会 完結編 & 話せば良かったこと

comment iconコメント ( 5 )

面白そうなドラマ

こんにちは、Kitakuriさん

このドラマは見たことないですね〜
葬儀が主題のドラマもなかなか珍しいと思うので面白そうです^^

自分は未だにBones見てますね
ドラマ自体は確かもう完結したはずですが、何分シーズンが多くてしかもDVDを勉強用で買っていて勉強用で何度も見るので、しばらくBonesから卒業出来そうになさそうです 笑

名前: Kaz [Edit] 2017-03-25 09:20

To Kazさん

Kazさん、コメントありがとうございます!

これ、おもしろいですよ~。
人が亡くなったことや葬儀を通して色んな人の人間模様が
織り込まれていて、どんどん次が見たくなります。
BonesはS8-10で止まっていて休憩中ですが
私は好きなドラマのシーンとかをyoutubeで何度も見たりして一人で感動しています(≧▽≦)
また遊びに来てくださいね~(^^)/

名前: kitakuri [Edit] 2017-03-25 10:41

こんにちは。ブログの方ではお久しぶりです😊
このドラマ初めて聞きました。葬儀屋さんを舞台にしたドラマってヘビーそうですが、死を直面するからこそ色々と感動するドラマがあるんでしょうね。

私が最近見てるドラマに新しく加わったもので、きっとKitakuriさんにも気に入って頂けるんじゃ?と思うものがあります。Takenというタイトルでもともと映画だったのですが(https://en.m.wikipedia.org/wiki/Taken_(film))、この主人公を若くして現代の舞台で現役のスペシャルエージェントとして活躍するという設定なのですが、なかなか面白いです。もともと映画の方も好きだったのでドラマ化された時に身始めたのですが、なかなかいいです😊

今は1stシーズンが放映されてて私はHuluで見ています。そちらでも近いうちにアップされるのでは?と思うのですが、もしそちらに来たら是非見てみてください💕

https://youtu.be/HSO-9GDayjo

名前: Ryoko [Edit] 2017-03-29 01:19

そう言えば、新しい24のドラマ、24: Legacyの中でTony Almeidaが帰ってきましたよ。残念ながらジャックバウワーは帰ってきませんでしたが、新しいシリーズで懐かしのTonyを見れて嬉しいです😊💕

https://youtu.be/NmU6uS7s7yQ

名前: Ryoko [Edit] 2017-03-30 05:59

To Ryokoさん

Ryokoさん、コメントありがとうございます!
Six Feet Underはヘビーというほどではなく、深いテーマも割とサラっと扱っていますが考えさせられます。

Taken、ググってみました(^^)
日本語タイトルが「96時間」(映画のタイトル)で気になっていましたがまだ見たことありません。ドラマは設定も変わってまた違った感じになりそうですね。
huluでチェックしておきます!ありがとうございます。

24にトニーが帰ってきたんですか!?
懐かしい!ジャックにも会いたいよ~^^;
24と言えば、確かシーズン1にCTUに勤務するマイロという人がいたんですが、その俳優さんがSix Feet Underで高校生役を演じていてちょっと違和感でした
(*^-^*)
http://www.imdb.com/name/nm0050156/

名前: kitakuri [Edit] 2017-03-31 10:02

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)