ツイッターなどでは発表しましたが
1月に受けたセンター試験・現代社会の結果が分かりました!

82点でした(^^)
通訳案内士試験の一次試験免除の基準点が80点で、なんとか超えることができました。
良かった~。
昨年の通訳案内士試験で日本地理、日本歴史(英語は免除)は合格していたので
これで、今年12月の二次試験に挑戦できます(^^)
ちなみに日本史Bも受験しましたが、こちらはノー勉で39点でした~^^;
自己採点では43点だったのになー( ;∀;)
それにしてもひどいですが、学校で学んだ歴史関係は全て忘れ去っているので、このくらいでしょう。。

現社合格のために使った参考書等。

①まず、スタディサプリの伊藤賀一先生の現代社会の講義を時間があるときに視聴しました。

②伊藤先生の講義がすごく面白かったのでこの本を買いました。

伊藤賀一の速攻! センター現代社会 (シグマベスト)
伊藤 賀一
文英堂
売り上げランキング: 168,471


でもこれは「正文化」という方法を取ってあり、全く知識のない私にはついていけなかったので
こちらを買いました。


直前30日で9割とれる 河合英次のセンター現代社会
河合 英次
KADOKAWA/中経出版
売り上げランキング: 318,372


これも良かったのですが、もっと詳しく書かれているものが私には必要でした。


④そして、これにたどり着きました。

センター試験現代社会集中講義 三訂版 (大学受験super lecture公民)
昼神 洋史
旺文社
売り上げランキング: 8,045


これはとても詳しく書いてあり、読むのも大変でしたがまず理解しないと入って来ないと思い取り組みました。
説明のあとに実際の試験で出た問題があり、理解度を確認するのに役立ちました。
アマゾンでの評価も良く、とても良い本だと思います。


④をやっていく中で現実逃避したくなり、ついこの本を買ってしまいました。

東大首席弁護士が実践! 誰でもできる<完全独学>勉強術 (SB新書)
山口 真由
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 16,980


元が違うのだから、同じようにやってもその通りにはならないと分かっているのに、つい。。
でも、とても参考になりました。教科書を7回読むということが提唱されており
実際これに従って④を7回読んだのですが、3回目くらいまでは読むというより、眺める感じです。


12月半ばくらいから、過去問をやらなければ!と取り組み始めました。
過去問はインターネットから入手でき、答え合わせもできたのですが、解説がないとなぜ間違ったのか私には分からない!とホントにセンター試験前1か月を切ってから、これを買いました。



気づくの遅いでしょう、という感じですが、とにかくやりました。
過去問やって、間違ったところは④で復習し、時々スタディサプリの伊藤賀一先生の授業で確認。
年末年始は忙しく、また私の父が入院したこともあり、全く勉強できませんでした。

お正月が明けてから少しずつ調子が出てきて、やっと過去問の7割くらい取れるようになりました。
当日は制服姿の高校生に交じって受験。試験官の方が、やけに優しかったです。(*^-^*)
人生初のセンター試験受験でした。
そもそも、私は共通一次世代。それも、申し込んでいたのに直前で「もう、無理!」と脱落した経験の持ち主なので。
自己採点で82点でしたが、もしマークミスをしてたら。。と不安でしたが採点通りで本当に良かったです。
11月末にセンター過去問をやったときには3割しか取れなかったことを考えると結構頑張った!!(*^-^*)
ちなみに、この間、英語はほとんど勉強していませんでした。
そうしないと私はとても基準点を取れないと思ったからです。

今年度の通訳案内士試験概要が発表になりました。

これによると2次試験は12/3(日)
今の英語力からすると前途多難ですが、2次の口述試験に向けて頑張ります!!

ふう~。私にしてはこの記事、大作だった。(*^-^*)
スポンサーサイト

villain

新カテゴリー

comment iconコメント ( 2 )

おめでとうございます!

キタクリさん、一次試験突破おめでとうございます!
現代社会、ガッツリ取り組まれたんですね!!
二次の取り組みと受験レポもよろしくお願いします<(_ _)>
モチベーションが上がります!

名前: ピッピ [Edit] 2017-04-28 18:22

ピッピさんへ

ピッピさん、ありがとうございます!
ガッツリ取り組みましたよ~^^; 
それでもやっとだったので、沢山の科目を勉強する受験生は本当にえらい!と思いました。二次に向かってはまた色々教えて欲しいのでよろしくお願いします。(^^)

名前: kitakuri [Edit] 2017-04-29 22:38

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)