昼間に結果はアップしましたが
反省点を書きます。
ちょっとだけ言い訳をすると、精神的にちょっとしんどかったのはあります^^;
でも、忙しかったり、色々あるのは誰でも同じなのでそれは理由にはなりませんね。

R395(-45)
とにかく、英文に触れたり問題演習する時間が足りなかったので
もとからなかった勘がにぶり、試験当日は英文がチンプンカンプンでした。
パート7などの間違った問題の英文などをもっと読むべし。
Lは460(-5)
460は決して良いスコアではありませんが、先月からあまり変わらなかったのは
海外ドラマ効果かも(それでも、3月公開前はほとんど見る時間がありませんでしたが)
以前アドバイスいただいた「リスニングが苦手な人は聞き流しでも良いので、とにかく英語を聞く時間を増やす」を
心がけたいと思います。
それと、今トニーさん主催のパート3.4の暗唱会に参加しています。
頑張って暗唱します。覚えても忘れる可能性大だけど(*^-^*)

今週末も頑張ります(^^)/

取り急ぎ結果を。
大幅ダウンですが、仕方ありません。
夜にでも反省文を(*^^*)

20170403140040ff5.jpeg

1月のTOEIC結果の記事を書いた時に、感想は後で。。と書いてそのままになっていました。
なんか、そう言う事がよくあります。
書く書く詐欺ですみません。
1月はとても900overは出来ないだろうと思っていましたが、何とか踏みとどまりました。
アビメをアップします。
Lの100が3つは初めてかもしれません。
Rは440を長いこと超えられないでいるので、なんとか今年は突破したいです。


アビメ2017-1
20170331200443be0.jpeg

Readingが伸び悩んでいるのでReadingパートを音読しています。

新形式問題集のテスト1 181-185に

up front 前払いで

が出てきますが、何度も見ているはずなのですっかり意味を忘れていました。

これがなんと

今見ているドラマ「シックス・フィート・アンダー」に出てきたのです。

「前金で」って。。。

とてもどんな状況で出てきたかは言えませんが、完全に覚えました^^;

気になる方は

シックス・フィート・アンダー シーズン1のエピソード11を見てください(^^)


お気に入りドラマの紹介です。
huluで見ています。

シックス・フィート・アンダー




Wikipediaより
タイトルの“シックス・フィート・アンダー”は、北米で土葬を行う際に棺桶を地上から6フィート(182cm)の深さに埋める、という慣例に基づいている。

↑こういう知識が得られるのもドラマや映画を見る楽しみですね。

葬儀屋さんを営む家族を描いたもので、ドラマの冒頭で誰かが亡くなることから始まります。
亡くなって改めて家族の絆を感じたり、初めて知る家族の一面があったり。
ブラックなユーモアがあったり、クスッとする場面もありますが
色々考えさせられて派手な展開はないですが、ついつい見入ってしまいます。